THE TAKUROWSの日記

趣味に関することを書きます。

玉子の中身は しらけた白身と ぶきみな黄身

 

7月29日(土)PM

 

心が叫びたがってるんだ。」実写版を観てきました!!

 

同タイトルの人気アニメ映画の実写化です。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」を生み出した

超平和バスターズが原作で、

「あの花」とは違ってTVアニメシリーズがあった訳ではなく、

劇場オリジナル作品です。

本でいうと雑誌連載なしに書き下ろしみたいな。

(アニメ版主題歌は乃木坂46の「今、話したい誰かがいる」。これも名曲。

 アニメ観てから聴くと、もっと名曲に。)

 

メインキャストは

坂上拓実を中島健人(ジャニーズグループSexy Zoneのメンバー)、

成瀬順を芳根京子(朝ドラの主演で有名になった。)、

仁藤菜月を石井杏奈(E-girlsのメンバー)、

田崎大樹を寛一郎(今年デビュー。佐藤浩市の息子。)

が演じています。

 

アニメ版の順に比べて芳根京子が少し大人っぽい顔をしてるので

ちょっと不安だったのですが、いざ観てみると

むしろ良い!(若干、上野樹里に似ているのは気のせいか。)

声が出せないところから段々、感情が出てくる様になり

笑顔も出てくるとめちゃくちゃ可愛い。

拓実が気にかけるのも頷けます。

 

大樹を演じる寛一郎は、正直観るまで「どうせ七光りじゃ・・・」なんて

思ってましたが、後輩と心中を吐露し合うシーンで泣かされそうでした。

 

 

実写版ではあのシーンは出て来ず、逆にこんなシーンが増えてる!!というのが

いくつかあります。

ですのでシーンやセリフの差を実感する為にも

予習・復習してアニメ版・実写版を観るのがオススメです!

 

私の好きなセリフは

「相沢ディクショナリーに「ミュージカル」載ってないわー」ですwww

 

真面目な方だとファミレスで順が無理して怒るところです。

あのシーンの順の言葉は胸に刺さります。

あそこがこの物語で伝えたいメッセージの7,8割と言っても良いと思います。

(あくまで個人の感想です。)

 

自分はおそらくもう一度観に行きます。

 

左:パンフレット(800円)

右:アニメ絵柄ポートレート(入場者に配布される特典・数量限定)

f:id:gon-freecss18:20170801230107j:plain