THE TAKUROWSの日記

趣味に関することを書きます。

交響詩編エウレカセブン ハイエボリューション

2017/08/11(金)

 

 

限定コラボグッズの為に久しぶりに原宿へ。

 

劇場版3部作の制作、第1弾の9月16日公開が発表されてる

交響詩エウレカセブン ハイエボリューション

 

GREEPERというファッションブランドと

アーティストTAKUMIとコラボしたTシャツを求めてL.H.P原宿店へ行きました。

 

L.H.Pは他の場所にも店舗がありますが、なぜ原宿店だったかというと。。。

f:id:gon-freecss18:20170813141339j:plain

f:id:gon-freecss18:20170813141432j:plain

この立体ニルヴァーシュが唯一設置されたから。この写真が撮りたいが為に。

 

そして買ったのが似流芭亜朱Tシャツ

f:id:gon-freecss18:20170813142342j:plain

f:id:gon-freecss18:20170813142402j:plain

 

このTシャツ!!

今流行りの大きめサイズで買いました。

普段はSかM着るんですがこれはLです。

ニルヴァーシュ葛飾北斎富嶽三十六景「神奈川沖浪裏」の中に

入ってしまうというデザイン。一目惚れ。かっこいい。

 

先着特典でいっぱいくれました。

ブックレット、フェイシャルシート、缶バッジ(6個)、ポスターも!!

今時、こんなにくれることないのでは。

f:id:gon-freecss18:20170813142248j:plain

f:id:gon-freecss18:20170813142305j:plain

これは紙袋。

 

公開が非常に楽しみです!!前売り券も購入済みです。

とりあえず月末のBlu-ray発売を心待ちにしております。

シャーロック・ホームズ対伊藤博文

f:id:gon-freecss18:20170812173254j:plain

 

写真が横で申し訳ありません!!

 

シャーロック・ホームズ伊藤博文  著・松岡圭祐 (講談社文庫)

 

このタイトルのシンプルさ。

ゴジラVS○○」みたいな少しの古っぽさ。

この古さをディスってる訳ではありませんからね!!

 

綾瀬はるか主演で映画化された「万能鑑定士Q」シリーズや

北川景子主演でドラマ化された「探偵の探偵」シリーズで

知られる松岡圭祐の文庫書き下ろし作品。

 

(申し訳ありません。実はどちらも読んだことがありません。

映画とドラマは見ました。

読んだことあるのは「ミッキーマウスの憂鬱」と「ジェームス・ボンドは来ない」です。

帯を書かれてる島田荘司で読んだことがあるのは

写楽 -閉じた国の幻-」だけです。)

 

 

世界一有名な探偵シャーロック・ホームズ

日本の初代総理大臣・伊藤博文が逢着するフィクションです。

けど題材は実際に起きた大津事件を元にしています。

 

ライヘンバッハの滝で最大の宿敵モリアーティ教授と落ちた

シャーロック・ホームズは復活までの間に何をしていたのか。

その期間の謎はこうだったと1つの提案を示したのがこの作品です。

コナン・ドイルの原作ではこの期間は「チベットに行っていた」ぐらいの発言のみで

深くは語られていないようです。

 

 

シャーロキアンでも幕末好きでもない私がジャケ買いしたこの本。

めちゃくちゃ面白かったです。

文豪ストレイドッグスという漫画の影響で文豪ばかり読んでいた私にとって

現代作家でこういう大きな展開のある作品は久々でワクワクしました!!

 

架空の名探偵ホームズと実在した政治家伊藤博文。この2人が出会う。

一言で表すと「最高かよ!!」

ひと段落したかと思うと本のまだ半分。つまり、もうひと展開!

前半を終えて残っていた小さな謎が、実は小さく見えていただけで・・・。

 

 

ホームズのただ見ているだけではない観察力、当てずっぽうではない想像力、

日本の言語や習慣までをも自分のものへ昇華させていく様子は、ただただ天才。

知識は役立たせてこその知識。

それを思い知らせてくれるホームズの推理。

確かにシャーロキアンという言葉ができるほど惚れ込むのも分かるかも。

ちなみに兄のマイクロフト・ホームズも出てきます。非常に良い役割をしてくれます。

 

 

 

外国人の名前が多く出てくるので、私みたいに名前が覚えられないので

海外文学があまり好きじゃないという方は少し注意が必要です。

ただそれを少し頑張ってでも読んでいただきたい作品だと感じました!!

 

 

 

こんな初心者丸出し文章でも何らかの経緯でこのブログに

到達した方がいらっしゃるようで嬉しい限りです。

ノンジャンルで自分の書きたいことを書いていきますが、宜しくお願い申し上げます。

表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬

 

お笑いコンビ・オードリーのツッコミである

若林 正恭(わかばやし まさやす)の書き下ろし、

「表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬」(KADOKAWA)。

 

 

航空券予約サイトで見つけた、たった1席の空席。

何者かに背中を押されたかのように2016年夏、ひとりキューバへと旅立った。

慣れない葉巻をくわえ、芸人としてカストロの演説に想いを馳せる。

(作品帯より引用。)

 

 

キューバに行くまでの経緯から、

現地で見て感じた景色や人間に対する感情が

ただのお笑い芸人としては括り切れない表現力で書かれていると感じました。

さすが読書芸人。

やっぱり本をたくさん読んでる人の言い回しや語彙は違います。

 

物語は行った場所や食事などの出来事を中心に進んで行きます。

そして終盤、ある風景から若林さん自身のパーソナルな話へ。

どうしてキューバだったのか。どうしてひとりで行ったのか。

 

私もある部分で同じ体験をしたことがあるので泣きそうになりました。

 

出ているバラエティ番組を見ているだけではほぼ見えて来ない個人の話。

(しくじり先生で少し喋っていましたが。)

本人も「番組に出ているのは違う自分で、本当の自分じゃない」と語っています。

お笑い芸人としての若林さんも大好きなのですが、この本を読んでよかったです。

 

文字で表現することで現れてくるもう一人の、若林さん。

 

f:id:gon-freecss18:20170803230312j:plain

玉子の中身は しらけた白身と ぶきみな黄身

 

7月29日(土)PM

 

心が叫びたがってるんだ。」実写版を観てきました!!

 

同タイトルの人気アニメ映画の実写化です。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」を生み出した

超平和バスターズが原作で、

「あの花」とは違ってTVアニメシリーズがあった訳ではなく、

劇場オリジナル作品です。

本でいうと雑誌連載なしに書き下ろしみたいな。

(アニメ版主題歌は乃木坂46の「今、話したい誰かがいる」。これも名曲。

 アニメ観てから聴くと、もっと名曲に。)

 

メインキャストは

坂上拓実を中島健人(ジャニーズグループSexy Zoneのメンバー)、

成瀬順を芳根京子(朝ドラの主演で有名になった。)、

仁藤菜月を石井杏奈(E-girlsのメンバー)、

田崎大樹を寛一郎(今年デビュー。佐藤浩市の息子。)

が演じています。

 

アニメ版の順に比べて芳根京子が少し大人っぽい顔をしてるので

ちょっと不安だったのですが、いざ観てみると

むしろ良い!(若干、上野樹里に似ているのは気のせいか。)

声が出せないところから段々、感情が出てくる様になり

笑顔も出てくるとめちゃくちゃ可愛い。

拓実が気にかけるのも頷けます。

 

大樹を演じる寛一郎は、正直観るまで「どうせ七光りじゃ・・・」なんて

思ってましたが、後輩と心中を吐露し合うシーンで泣かされそうでした。

 

 

実写版ではあのシーンは出て来ず、逆にこんなシーンが増えてる!!というのが

いくつかあります。

ですのでシーンやセリフの差を実感する為にも

予習・復習してアニメ版・実写版を観るのがオススメです!

 

私の好きなセリフは

「相沢ディクショナリーに「ミュージカル」載ってないわー」ですwww

 

真面目な方だとファミレスで順が無理して怒るところです。

あのシーンの順の言葉は胸に刺さります。

あそこがこの物語で伝えたいメッセージの7,8割と言っても良いと思います。

(あくまで個人の感想です。)

 

自分はおそらくもう一度観に行きます。

 

左:パンフレット(800円)

右:アニメ絵柄ポートレート(入場者に配布される特典・数量限定)

f:id:gon-freecss18:20170801230107j:plain

 

 

アルチンボルド展@国立西洋美術館(上野)

各趣味で何をやっているかを紹介したかったのですが、

直近の外出があったので更新します!!

 

先週の7月28日(金)、

仕事終わりに「アルチンボルド」へ行ってきました。

(金・土は21時までやってるのでオススメです。19時前くらいから見始めたのですが、めちゃ混みという訳でもありません。)

昨年、世界文化遺産に登録された上野・国立西洋美術館での開催です。上野駅・公園口を出て信号渡った右側の建物です。下の写真の看板の左側が入り口です。

f:id:gon-freecss18:20170731230359j:plain

 

ジュゼッペ・アルチンボルドはおよそ450年前に

かの有名なハプスブルク家に仕えていたイタリア人宮廷画家です。

 

アル・・・?誰?って感じですが、私も絵を見るまで分かりませんでした。

植物とか動物、魚で人の顔を描くのが有名な方です。

f:id:gon-freecss18:20170731231929j:plain

(美術館入り口にて)

 

 

下の写真は「アルチンボルドメーカー」といって

モニターの前に立つとその人の顔を認識して

アルチンボルド風にしてくれるというもの!!(展覧会の入り口前にあります。)

なので私はこんな顔です。ちゃんとメガネも認識してくれます。

(ちなみにかけてないのにメガネつけられてる方もいました。完璧には無理そうです。

写真を撮れる時間が20秒あってそれが終わると野菜や果物が崩れていきます。)

f:id:gon-freecss18:20170731232007j:plain

 

 

展覧会自体はセオリー通り、

時系列と作品の種類を組み合わせた並び・順番になってました。

急で申し訳ありませんが、時間が無いのでこの辺で・・・。

(2回目から手抜き。すみません。)

 

購入したグッズ。左からかりんとう、カタログ(図録)、野菜チップス。

f:id:gon-freecss18:20170731232516j:plain

 

 

明日は「心が叫びたがってるんだ。」実写版の感想を書きます!!

自己紹介 ブログの目的・目標

 

人生初のブログ記事です。

 

初めまして!都内で働く会社員・24歳のTHE TAKUROWSと申します。

 

名前は誠に勝手ながら

私が愛してやまないTHE BAWDIES(ザ・ボウディーズ)というロックンロールバンドから

もじっています。

 

私には趣味がいくつかあります。

音楽。テレビ。読書。美術展巡り。ファッション。。。

 

このブログではそんな趣味のことを書いて、

皆さんに体験までいかなくとも

存在だけでも知ってもらおうというものです。

 

なぜこんなことをしようかと思ったかというと

周りに趣味がない人が多い様に感じたからです。

 

趣味なんかなくてもいいけど、あってもいい。所詮、趣味なので。

 

ただ検索で「趣味」と入力すると「趣味がない」という言葉が検索ワードで出てきます。

趣味が欲しいと思っている方や

趣味のくくりは同じだけど、少し別の分野が気になる方に

こんなものもあるよという提示をさせていただきたいのです。

それぞれの趣味でやったことをその都度、更新していくブログです。

「今日は○○に行った」とか「○○の本を買った・読み終わった」とかを

このブログで紹介していきます。

 

皆様の何かの一助になれば幸いです。

(読み返してみると、ありきたりでなんか胡散臭い様な。すみません。)