THE TAKUROWSの日記

趣味に関することを書きます。

05/26 ルパン三世コンサート

Yuji Ohno & Lupintic Six with Fujikochans

ルパン三世コンサート2018

『LUPIN! LUPIN!! LUPINISSIMO!!!』

@鶯谷東京キネマ倶楽部

f:id:gon-freecss18:20180526213915j:image

f:id:gon-freecss18:20180526213939j:image

 

このライブは去年も来ました!

去年はチケット即完したらしいけど

今年はそうでもなかったっぽい。

ニコ生で生配信もしてました。

 

ステージ後ろのスクリーンにアニメの映像を流すので

よりその世界観に浸ってライブが聴けます。

ラブ・スコールの時には峰不二子の映像。

TORNADEの時は次元大介の映像、といった具合。

 

 

今回はアニメのPART5放送と重なっています!

PART4の舞台がイタリアだったのに対し、

今回PART5はフランス!

 

オープニングのルパン三世のテーマは

アコーディオンが入ってフランス感が凄いです!

なんでアコーディオンの音だけでフランスっぽいって感じるんですかね〜。

そういうフランスの代表曲があって

脳に刷り込まれてるのかな?

 

サウンドトラックのジャケットもこちら。

f:id:gon-freecss18:20180526165923j:image

 

エンディング曲は峰不二子役の沢城みゆきが歌う

セーヌの風に…(Adieu)

 

今期の不二子ちゃんはかなり可愛いです!

今まではセクシーとか

「裏切りは女のアクセサリーよ」みたいな

そういうシーンが印象深いんですが、

今期は何というか、、、可愛い。

 

自分の耳で峰不二子が歌ってると思うと

なんか感動します。

 

PART4のエンディングではなんと

石川さゆりが『ちゃんと言わなきゃ愛さない』を

歌いました。あの石川さゆりですよ!!

サントラではラブ・スコールも歌ってて

かなり俺得です。

 

 

 

ライブの感想ですが、

史上最高にかっこいいTORNADEと銭形マーチ聞きました!!

ジャズってカッコいいな。。。

この2曲は本当に盛り上がって、

演奏してる側(大変そうでしたが。)も

観客もボルテージが上がってる感じがしました!

トランペット吹けるようになりたい。。。

 

今回のFujikochansは、稲泉りんを加えた

佐々木久美、佐々木詩織、TIGERの4人での登場。

この4人の歌の上手さ異常。

特にTIGERは声量凄くて震えます。

桑田佳祐のライブとかでもコーラスをやってて

凄いです。

 

今回買ったグッズは

 

YUJI OHNO & LUPINTIC SIX

『RED ROSES FOR THE KILLER』LP盤

CD持ってるのに買っちゃう。

レコード好きの血が騒ぐ。

 

ビアグラスも。

f:id:gon-freecss18:20180526214607j:image

 

そして帰り道にビール買って

どんな感じになるか見たくて即注ぐ!!

f:id:gon-freecss18:20180526214637j:image

f:id:gon-freecss18:20180526214805j:image

※ネタバレ注意 04/14&05/12 BRA★BRA FINAL FANTASY Ⅶ BRASS de BRAVO

f:id:gon-freecss18:20180414172744j:image

f:id:gon-freecss18:20180414172839j:image

f:id:gon-freecss18:20180414172910j:image

 

※ネタバレ注意です。

 

セットリストを載せています。

まだツアーが続いていますので知りたくない方は

お気をつけ願います。

 

 

4月14日

BRA★BRA FINAL FANTASY Ⅶ BRASS de BRAVO

with Ciena Wind Orchestra

@Bunkamuraオーチャードホール

 

ザ・ミュージアムには何度か浮世絵やら野菜で出来た顔やらを観に来てますが

オーチャードホールには初めてです。

3階にあるけど道路沿いというなかなか難しい位置です。

あそこの裏ってすぐに住宅街なんですね。

あんな所に住んでる方って。。。

 

更に全く関係ない話ですが

コンサートとか映画の座席探すの下手な人って

いますよね。

自分はホールとかスタジアムみたいなでかいところだと

ホール入り口前の座席表確認して

最寄りの入り口まで移動してから中に入るので

よくいる大回りしてる人みたいにはなりません。

 

映画館なんて自分でチケット取ってるんですよね?

大体位置把握してないんですかね?

 

 

軽くイラつきを吐露してしまいましたが、

このイベントは今年で4回目らしいです。

今回はなんとⅦの楽曲のみ!

作品の人気の高さが感じられます。

 

4月4日にはこのコンサートに先駆けて

CDが発売されました。

 

何が寂しいってゲームのサントラで好きな曲が

今回は入っていないことです。

特に「闘う者達」「更に闘う者達」。

 

後々分かったんですが

今回のCDに入ってない曲は

以前出したものに入ってるんですね!!

そうなると前のも欲しくなってくる。。。

 

生音はやっぱり世界観に浸れて良いよな〜。

 

 

セットリスト

1. オープニング 〜爆破ミッション〜

2. FFⅦメインテーマ

3. 星降る峡谷

4. ケット・シーのテーマ

5. FFメインテーマ(リコーダーver.)

6. クレイジーモーターサイクル

7. エアリスのテーマ

(休憩)

8. ルーファウス歓迎式典

9. 常に闘う者達

10. 牧場の少年

11. 花火に消された言葉

12. 忍びの末裔

13. 完全なるジェノバ

14. 神の誕生

15. 片翼の天使

(アンコール)

16. ティファのテーマ

17. マンボdeチョコボ

 

 

5月12日 @東京文化会館

 

この日の「題名のない音楽会」でも特集されました。

まさかFFⅦの楽曲が地上波でしっかり流れるなんて

そんなことあるんですね。

逆に言えばあるとしたらⅦぐらいか!!もしくはⅩ。

 

f:id:gon-freecss18:20180516132029j:image

f:id:gon-freecss18:20180516132051j:image

f:id:gon-freecss18:20180516131911j:image

f:id:gon-freecss18:20180516131938j:image

f:id:gon-freecss18:20180516132002j:image

パーティーのパネルも勢揃い!

すみません、この日のセットリストは若干うろ覚えです。

 

セットリスト

1. オープニング 〜爆破ミッション〜

2. FFⅦメインテーマ

3. 星降る峡谷

4. ケット・シーのテーマ

5. FFメインテーマ(リコーダーver.)

6. バトルメドレー(J-E-N-O-V-A〜闘う者達〜更に闘う者達)

7. エアリスのテーマ

(休憩)

8. ルーファウス歓迎式典

9. 常に闘う者達

10. 牧場の少年

11. 花火に消された言葉

12. 忍びの末裔

13. 完全なるジェノバ

14. 神の誕生

15. 片翼の天使

(アンコール)

16. ティファのテーマ

17. マンボdeチョコボ

04/22 THE BAWDIES THANK YOU FOR OUR ROCK AND ROLL TOUR 2004-2018 @新木場STUDIO COAST

f:id:gon-freecss18:20180426220933j:image

 

04/22 THE BAWDIES

THANK YOU FOR OUR ROCK & ROLL TOUR 2018

@新木場STUDIO COAST

 

1ヶ月も経っちゃったけど

ロッキン・バスもやって来た

ヤァ!ヤァ!ヤァ!

 

渋谷まで見に行こうかなー、なんて思ってたけど

そんな必要なくなってラッキーです。

f:id:gon-freecss18:20180426221006j:image

f:id:gon-freecss18:20180426221056j:image

f:id:gon-freecss18:20180426221154j:image

なかはこんな感じ。かわいい。

f:id:gon-freecss18:20180426221250j:image

f:id:gon-freecss18:20180426221321j:image

f:id:gon-freecss18:20180426221353j:image

f:id:gon-freecss18:20180426221424j:image

f:id:gon-freecss18:20180426221502j:image

 

 

ここでアーティスト写真撮りたいくらい。

 

今回は結成15周年、メジャーデビュー10周年を迎えるにあたってのツアー!

それを記念して4月18日にベストアルバム

「THIS IS THE BEST」をリリース。

 

因みに私はシングルを全部持っているのにも関わらず

受注限定生産のDELUXE EDITIONを購入。

f:id:gon-freecss18:20180512161532j:image

f:id:gon-freecss18:20180512161616j:image

 

特典DVDで歴代MVが全部入ってるので

懐かしかったです。

彼らの戦闘服(スーツ)は勿論、

髪型の変遷にも注目です!

 

 

今回買ったグッズ

f:id:gon-freecss18:20180426221556j:image

 

完全にTHE BEATLESの「HELP」がモチーフですね!

 

f:id:gon-freecss18:20180426221626j:image

 

Tシャツ2種類

上は今回のツアーでお目見え。

 

下は過去に発売されていたデザインの復刻版。

YOU GOTTA DANCEのMVに映ってるので

メジャーデビュー前後が最初に発売された頃だと思います。

(すみません、一度着用済の写真です。)

 

因みにBAWDYってどういう意味かというと、

「卑猥な」とかそういう意味です。

彼等が愛してやまないロックンロールとかブルースって

意外と下ネタっぽい曲があるので

それをもじってバンド名らしく複数形にしたのが由来です。

 

 

肝心の内容ですが

ライブもベスト盤!!という感じでした。

ただ一回のライブで全部は出来ないので

ツアー中にセットリストを変えていくようです!

なのでお替わり自由だそうです!!

 

セットリスト

 

OPENING SE  SAM & DAVE「SOUL MAN」

これはビックリ!!

ここ何年かはWILSON PICKET「LAND OF 1000 DANCES」だったので

あれ?戻ってる!?ってなりました。

 

1. EMOTION POTION

2. NO WAY

3. YOU GOTTA DANCE

4. I BEG YOU

5. ROCK ME BABY

6. LEMONADE

7. NICE AND SLOW

8. LOVER BOY

9. THE EDGE

10. SING YOUR SONG

11. HOT DOG

12. KICKS!

13. KEEP YOU HAPPY

14. BABY SUE

15. SAD SONG

16. 45s

17. B.P.B

18. IT'S TOO LATE

19. JUST BE COOL

20. FEELIN' FREE

 

ENCORE

21. I'M IN LOVE WITH YOU

22. KEEP ON ROCKIN'

 

 

 

警察じゃけ、何してもええんじゃ。

5月12日

遂に『孤狼の血』公開。

 

これに合わせて原作とその続編『凶犬の眼』も

読んでました。

f:id:gon-freecss18:20180513232654j:image

f:id:gon-freecss18:20180513232702j:image

 

元々は柚月裕子さんのファンで

最初に読んだのは佐方貞人シリーズ1作目の

『最後の証人』です。

(そもそも兄貴が貸してくれて読んだんだけど。)

今までシリーズ物がこれしかなかったというのもありますが

柚月さんの作品の中では

『検事の本懐』が1番好きでした。

 

ところが今回映画化された『孤狼の血』。

検事という表の正義に対して、

暴力団とその癒着が疑われる刑事という裏の正義。

読み終わって、

これ、もしかしたら一位かもと

感じるくらいの面白さ!!

そして2作目『凶犬の眼』も間違いなかった。

現時点ではこっちのシリーズが1位に!

 

 

他の作家もそうだとは思うんですが

柚月さんに関しては後半とか終盤の

物語に展開が起きてからの

ジェットコースター感が特に半端ない。

ミステリー小説の醍醐味が

分かりやすく味わえる作家なのではないかと思います。

分かりづらくなりそうな手前で

自然な流れでまとめてくれたりするから分かりやすい。

 

映画の前哨戦として先週5日には

公開記念トークイベントにも行ってきました。

 

新宿・紀伊國屋ホールで行われたもので

 

監督・白石和彌

原作・柚月裕子

主演・役所広司

 

の3人が登壇しました。

柚月さんが原作を書かれたきっかけや撮影現場に行かれた時の話、

さらにはメイキング映像も少し流れました。

柚月さんの話し方がめちゃくちゃ丁寧でびっくりしました。

硬いわ!ってツッコミたくなるくらい。

役所さんもかっこよかったなぁ。。。

あと、役所さんのイントネーションが「や」にあるという事実。

 

こういうイベントに参加した後に予告見ると

めちゃくちゃボルテージ上がります。

 

 

ちなみに一階のエレベーターのドアが

こうなってました。

f:id:gon-freecss18:20180513173456j:image

f:id:gon-freecss18:20180513173524j:image

f:id:gon-freecss18:20180513173550j:image

 

この時点で、公開まであと1週間。

早く早く!!って感じでした。

 

 

そして土曜日、公開初日。

夕方から上野で用事があったので

御徒町のTOHOシネマズ上野に観に行きました。

 

始まる前からドキドキ。。。

 

最初の東映マークも注目!

白石監督が思い切って復活させたそうです。

最初からバイオレンス、凄惨なシーンがあるので

ご注意です。

映倫的に、これでR-15でいいんだ!って感じです。

 

松坂桃李の演技にとにかく惹き込まれます。

終盤なんてもう、何と言ったらいいか。

鬼気迫る。殺気立ってる。とかが近いかな。

 

出てる方々がまぁ豪華!!

中村獅童なんてあの出演時間ですか!?

って感じの役です。贅沢な使い方でした。

 

真木よう子も良かったなぁ。。。

役にぴったりで、

男に負けない芯の強さを持ちながら、

儚さも持ち合わせてる艶やかな女性。

かっこよかった。

 

個人的には脇の中では一ノ瀬守孝役の江口洋介が好きです。

初のやくざ役と公言してるから当たり前なんですが

あの江口洋介が怖い役やるというのが新鮮で

信念が青い炎で燃えてる相当肝の座った若頭でした。

 

ピエール瀧も良き。

明るいポップな感じも似合うのに

マジな顔すると渋くて怖くてかっこいい。

『凶悪』も相当怖かったけど。

オラフの声やってたってのが笑える。

 

かっこいい人多すぎてかっこいいしか言えない。

男なら絶対観るべきです。

いや、女性にも観てほしいですけど。

 

これを観た後、肩で風切って歩きたくなる。

観ただけなのに強くなった気がする。

男としてのレベルが上がって、

漢、いや、侠になれたような。

血が湧いて、血が滾って

何かをせずにはいられなくなる衝動。

観終わってからも心臓がドクドク鳴ってました。

 

 

パンフレット 900円

f:id:gon-freecss18:20180513151938j:image

f:id:gon-freecss18:20180513152014j:image

 

値段見た時、高っ!って思ったけど

買ったら納得、50ページ超え。

内容にネタバレがあるので注意です!

 

演者や監督のインタビューは勿論、

ゴールデンボンバー歌広場淳のコラムや

ロケ地の紹介。

東映の警察・実録やくざ映画クロニクルという

過去の東映作品の歴史のページもあります。

 

サングラスケース 2100円

f:id:gon-freecss18:20180513152046j:image

f:id:gon-freecss18:20180513152109j:image

f:id:gon-freecss18:20180513152140j:image

真木よう子がママを務めるClub梨子の名刺風クリーナーも付いてます。

 

 

あと2回は観たいかな。

もっと台詞や表情を心に焼き付けたいと思います。

しばらくの間、色んなシーンを思い出して

長い余韻に浸りたいです。

 

神聖ローマ帝国皇帝ルドルフ2世の驚異の世界展

 

 

f:id:gon-freecss18:20180316235316j:image

f:id:gon-freecss18:20180316235357j:image

 

神聖ローマ帝国皇帝ルドルフ2世の驚異の世界展』

@Bunkamuraザ・ミュージアム

 

f:id:gon-freecss18:20180317234214j:image

f:id:gon-freecss18:20180317234652j:image

東急百貨店横のガラスケース

 

展覧会毎にこのケースの中身も変えていて

結構凝ってます。

 

 

個人的にはちょっと期待ハズレ。。。

 

ギリギリに行ったから

自分の中でハードルが上がってたのか

そのハードルを越えなかった感じ。

 

あと、思ったのがルドルフ2世に興味があったんじゃなくて

自分はアルチンボルドが好きなんだということを

実感しました。

ルドルフ2世が蒐集家なのは興味あるんだけど

集めてた中身にはそんなかもって感じました。

 

アルチンボルドの絵は観てて飽きないんだよなぁ。

国立西洋美術館アルチンボルド展が

結構凄かったんでその気分で行っちゃいました。

 

あとBunkamuraザ・ミュージアムといえば

国芳・国貞展(2回行った)とか河鍋暁斎展も素晴らしかったから。。。

 

やっぱ自分には西洋絵画はレベルが高すぎます。

西洋絵画は宗教との結びつきが本当に強くて

聖書の内容や解説を読んでやっと理解できるかどうか。

名前も横文字だらけ。まみれ。

 

会場を出る頃、いや、グッズを物色してる頃には

忘れてる。

 

アルチンボルドみたいに観るだけで楽しいのとか

怖い絵展みたいにほんとうの意味を知った時の昂りとかがないと

自分には難しいみたいです。

ただ興味が湧いたのは行きますが。。。

 

今年だとミラクル・エッシャー展ですかね!

 

だいぶ脱線。

 

最後にあったアルチンボルドの四季を

現実化した作品。

f:id:gon-freecss18:20180317183133j:image

『冬』

f:id:gon-freecss18:20180317233327j:image

『秋』

f:id:gon-freecss18:20180317233515j:image

f:id:gon-freecss18:20180317233548j:image

『夏』

f:id:gon-freecss18:20180317233649j:image

f:id:gon-freecss18:20180317233732j:image

『春』

f:id:gon-freecss18:20180317233813j:image

 

これは、、、?

 

会期末にはワインを買うとポストカード2枚プレゼントという企画もやってました。

余っちゃっても邪魔でしょうからね笑

f:id:gon-freecss18:20180317235735j:image

 

もらえた2枚がこちらでした。

f:id:gon-freecss18:20180311170227j:image

『花々と果物、蝶々、小動物』

ヨーリス・フーフナーヘルの追随者

f:id:gon-freecss18:20180311170247j:image

『9月』

レアンドロ・ダ・ポンテ

 

f:id:gon-freecss18:20180318171855j:image

f:id:gon-freecss18:20180318171938j:image

チケットホルダー

 

行ったライブと美術展の2種類に分けようと思い

買いました。

今はこれと『怖い絵展』のレディ・ジェーン・グレイの処刑を使ってます。

 

 

 

03/02 特別展 仁和寺と御室派のみほとけ

f:id:gon-freecss18:20180302202823j:image

 

運慶展ぶりに。

ここには仏像ばっかり見に来てるな。

f:id:gon-freecss18:20180302202843j:image

平成館入ってすぐのエレベーターで。

 

個人的結論から言うと

運慶展に劣らないかも。

 

 

 

 

前半は仁和寺天皇家の関係とかの

書物や巻物、巨大曼荼羅図などで

正直読めないし物足りない。

 

でも第2会場は仏像祭り!!

 

今回の特殊なのは何と言っても

一部撮影可能!!

 

 仁和寺の観音堂内部を再現したこのエリア。

 

普段は修行の場として一般公開していないため

この仏像33体が拝めるのはこの展覧会だけ。

観音堂の改修工事のおかげで見られた訳です。

 

この仏様たちみたいに「もう生きてる間には見られないかも」と思うと

美術展巡りは辞められないんだよなー。

 

f:id:gon-freecss18:20180302203001j:image

f:id:gon-freecss18:20180302203227j:image 

f:id:gon-freecss18:20180302203306j:image

f:id:gon-freecss18:20180302235709j:image

f:id:gon-freecss18:20180302235800j:image

 

京都の東寺、立体曼荼羅より多い。凄い。

 

 

f:id:gon-freecss18:20180302203411j:image

f:id:gon-freecss18:20180302203432j:image

 

これがある裏側はこんな感じです。

 

f:id:gon-freecss18:20180302203534j:image

f:id:gon-freecss18:20180302203617j:image

きもかわ(?)ゆるキャラいたんで撮影しておきました。

 

f:id:gon-freecss18:20180302203727j:image

f:id:gon-freecss18:20180302203758j:image

 

落ち方のクセ。。。

 

本当に千本ある千手観音像は凄い迫力だった。。。

 

なんとなくピンとこなかったので

グッズは買わなかったです。

 

最近行くのが気付くといつも会期の終わり頃になっちゃってる。

来週末も渋谷に行くので「ルドルフ2世の驚異の世界展」行ってこよう。

 

 

 

アンデスってなんです?

f:id:gon-freecss18:20180302202708j:image 

結構前になっちゃったけど、

 

古代アンデス文明展@国立科学博物館

大英自然史博物館展以来!

 f:id:gon-freecss18:20180224162653j:image

 

f:id:gon-freecss18:20180224162722j:image

会期ぎりぎり滑り込み。

先週の土曜の休日出勤が16時くらいにあがれたので

そのまま上野に。

 

動物園帰りなのか

多くの家族連れやカップルが上野駅に向かって歩いているところを

逆走する私。

 

海堂尊ゲバラ・ポーラースターシリーズを読んでから

南米に少し興味が湧いてきたところに

この企画展だったので楽しみでした。

f:id:gon-freecss18:20180224163253j:image

 

撮影OKでしたのでなかなかクセがスゴいものが

たくさん撮れました!笑

国立科学博物館は企画展も基本撮影OKなのもいいところです。

絵画と違って光で色がとんだりしないので。

但し!フラッシュは焚かないようにしましょう!

ただの公共の場ではありません。

国の宝をあの値段が見られるのですから

最低限のルールやマナーくらい察しましょう。

 

f:id:gon-freecss18:20180224162810j:image 

f:id:gon-freecss18:20180224162840j:image

f:id:gon-freecss18:20180224162909j:image

f:id:gon-freecss18:20180224163010j:image

f:id:gon-freecss18:20180224162937j:image

f:id:gon-freecss18:20180224163037j:image

f:id:gon-freecss18:20180224163106j:image

f:id:gon-freecss18:20180224163131j:image

f:id:gon-freecss18:20180224163156j:image

 f:id:gon-freecss18:20180224210133j:image

f:id:gon-freecss18:20180224210202j:image

 f:id:gon-freecss18:20180224210233j:image

f:id:gon-freecss18:20180224210300j:image

f:id:gon-freecss18:20180224210327j:image

f:id:gon-freecss18:20180224210400j:image 

序盤は、あれ?こんなもんか?なんて思ってましたが

奥に長いので進むにつれて

徐々に興味深くなってきました。

繁栄した回数や場所が多岐に渡るので

名前は正直忘れてしまいます。

ただあれらの文明がなければ

私たちは今、じゃがいもやかぼちゃを食べられません。

韓国に唐辛子も無いですし、イタリアにトマトもありません。(すいません、極端に言いました。)

 

f:id:gon-freecss18:20180224210532j:image

f:id:gon-freecss18:20180224210608j:image

f:id:gon-freecss18:20180224210641j:image

f:id:gon-freecss18:20180224210711j:image 

f:id:gon-freecss18:20180224210739j:image

 

 

次の写真は少し注意。頭蓋骨なので怖いとかいう人は飛ばしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:gon-freecss18:20180224210934j:image

 

 

 

 

 

f:id:gon-freecss18:20180224211009j:image

f:id:gon-freecss18:20180224211043j:image

f:id:gon-freecss18:20180224211115j:image

 

ナスカの地上絵に関しても

このエリアだったかと思います。

 

次の第6章。

ここは全てが撮影禁止。

何でだろうと思って入ると

むしろ撮る気にはなれないものが

展示されてました。

 

 

 

 

ミイラ。

 

 

 

 

本物の。

 

体育座りのまま包まれた女の子の。

 

 

あの子の顔を観たら

虚無感みたいなものに襲われました。

 

けどこれぞこの企画展の真骨頂。

 

ミイラは全部で3体。

1体目は全身が包まれている子供。

2体目が体育座りの女の子。

3体目が全身が出ている男。

これもひざをかかえる形で包まれていたもので

その後、まわりの布を取ったそうです。

 

 

 

 

切ない気持ちになったので

常設展の恐竜みてテンション戻しました。

 

企画展のチケット買うと常設展まで見れちゃうのって

考えてみるとかなりありがたいですよね!

f:id:gon-freecss18:20180302202321j:image

f:id:gon-freecss18:20180302202356j:image

f:id:gon-freecss18:20180302202426j:image

f:id:gon-freecss18:20180302202457j:image

f:id:gon-freecss18:20180302202535j:image

 

小学生の頃、恐竜にどハマりして

名前とか結構覚えてました。

 

おしまい。

f:id:gon-freecss18:20180302202633j:image